ハンググライダー タンデム体験 ハンググライダー タンデム体験から世界選手権優勝までの記録

紀の川市

素晴らしい町、和歌山県紀の川市(きのかわし)を紹介するページ

紀の川市

紀の川市写真上:龍門山から、粉河から西側の紀の川市の町並みを望む。
2012年6月28日木曜日

写真左:志野峠付近から、紀の川市の打田(うちた)、桃山、貴志川方面を望む。
2012年7月18日水曜日


粉河寺

粉河寺粉河寺 扁額龍門山の北側に御鎮座する粉河寺(こかわでら)。

山号が凄い。「風猛山」です。「ふうもうざん」とも「かざらぎさん」とも云うみたいですが、「風に猛る山」と書いて「風猛山」。まさしく、ハンググライダー、パラグライダーのためにあるような名前です。

そして、御本尊は千手千眼観音菩薩様です。「千手」でハンググライダーのベースバーを操り、「千眼」で風を見る。「粉河寺」に参らずして、どこに参るのかという、スカイスポーツの守護神様です。特に「紀の川フライトパーク」で飛ぶ方にはお勧めです。

「風猛山 粉河寺」の千手千眼観音菩薩様の御加護を得て、僕も「風に猛るパイロット」となります。


粉河寺の御神木

写真上:風猛山粉河寺の山門と扁額
写真下:風猛山粉河寺の御神木 2012年3月22日木曜日


【ちょっとスピリチュアル】

御神木に映っている緑色の小さな光と、黄色っぽい大きな光は、オーブと言われるものでしょうか。はたまた、木に宿る精霊、木霊(こだま)でしょうか。

粉河寺は天台宗系のお寺で、粉河観音宗の総本山です。


東田中神社

東田中神社東田中神社は、豊かな森を有し、稀に見るたいへん清清しい神社です。境内に足を踏み入れると、外界と全く違う神気の素晴らしさに時を忘れさせます。

元々あった四社の神社を合わせ祀り、東田中神社となりましたが、現在は本殿が二殿でございます。再建が望まれます。

御祭神:日吉山王権現(ひよしさんのうごんげん)、別名、大山咋命(おおやまくいのみこと)、又は、山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ) 他


東田中神社の参道東田中神社の参道龍門山から見た東田中神社航空写真のように見える写真は、龍門山の山頂手前から撮ったものです。

2013年10月17日木曜日


写真上・下左:2012年6月14日木曜日 写真下中央:2013年6月25日火曜日
大きな写真:東田中神社の参道


西田中神社

西田中神社拝殿御祭神拝殿

西田中神社

御祭神の多さには目を見張ります。十五柱の神様が御鎮座されています。

【御祭神】火産霊神(主祭神)、経津主命、武甕槌神、素戔嗚命、菅原道真公、八王子神、大年神、天忍穂耳命、誉田別命、足仲彦命、気長足姫命、天照皇大神、市杵島姫命、上筒男命、澳津彦命

拝殿が広々としており、御祈祷はゆったりと行われるのではと感じます。

2012年12月12日水曜日


荒見九頭神社

荒見九頭神社九頭神社の鳥居九頭神社の拝殿九頭神社の狛犬


九頭神社の龍荒見の宮」と呼ばれる九頭神社は、とても素晴らしい場所に御鎮座しています。鳥居に近づくととても神々しいものを感じます。そしてとても活き活きとした感じのする神社です。この九頭神社の神様は眠っておられませんね。とても活動的です。正にこの地「荒見」の守護神です。この場所にしてこの神気、相当な穴場ではないでしょうか。

写真の狛犬さんと手水の龍さんは、とても可愛いお顔をしておられます。
龍の水口から出る水の勢いには驚かされます。山からの湧き水を利用しているのではと思います。

荒見 九頭神社 御祭神:須佐之男命 稲田姫命 鎮座地:紀の川市荒見294番地

2012年9月26日水曜日  大きな写真:九頭神社の鳥居


長田観音

長田観音如意山厄除観音寺(にょいざんやくよけかんのんじ)

真言宗の寺院で、本尊は如意輪観世音菩薩でございます。

2012年12月20日木曜日



春日神社

春日神社御祭神:天児屋根命(あめのこやねのみこと)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのかみ)、大日女命(おおひるめのみこと)、天押雲命(あめのおしくものみこと)

2013年10月2日水曜日



紀伊国分寺跡

紀伊国分寺紀伊国分寺紀伊国分寺紀伊国分寺

2013年10月2日水曜日



三船神社

三船神社三船神社三船神社

御祭神は、木霊屋船神(こだまやふねのかみ)、太玉命(ふとたまのみこと)、彦狭知命(ひこさしりしのみこと)の三柱です。本殿は重要文化財に指定されています。

2013年12月25日水曜日



紀の川

龍門山から望む紀の川紀の川増水した紀の川


紀の川市の名前の由来になっている紀の川。

写真左:龍門山から見下ろす紀の川 2012年7月18日水曜日
写真中:竹房橋から橋本方面を望む 2012年9月17日火曜日
写真右:記録的な大雨で増水した紀の川 2013年9月26日水曜日


桃源郷

桃 白鳳和歌山県の桃の花紀の川市の桃の木「桃源郷」と呼ばれている地域をはじめ、紀の川市では広範囲に渡って良質の桃がたくさん作られています。色んなブランドの桃がありますが、とにかく美味しいです。紀の川市は高級ブランドの桃の産出地です。


あら川の桃あら川の桃

そして、春は桃の花がとてもきれいです。ハンググライダーやパラグライダーに乗って、上空から見る桃の花はより一層格別なものです。

写真上:白鳳(はくほう)

写真下:あら川の桃



稲作

田植え紀の川市の稲作紀の川市の稲作色付く稲穂


稲の収穫稲の収穫紀の川市の農地の中でも田んぼの割合は結構多く、稲作が盛んな地域です。

田んぼは、季節によって様々な姿に移り変わります。人と自然の共同作業による美しい芸術作品です。


写真上1:田植えが終わって間もない水田。後ろは龍門山と寺山。 2013年6月17日月曜日
写真上2:まだまだ幼い稲の葉。 2013年6月25日火曜日
写真上3:青々としてとてもがきれいです。 2012年8月1日水曜日
写真上4:稲穂が色付いてきました。後ろに見えるのは龍門山。 2013年9月12日木曜日
写真下1:稲刈りが始まりました。 2012年9月19日水曜日
写真下2:稲刈りの後に、また青い稲の葉が伸びてきました。 2013年10月17日木曜日


寺山

紀の川市寺山寺山テイクオフ寺山離陸場パラグライダーのテイクオフがある寺山(てらやま)。

写真右:パラグライダーのテイクオフ(離陸場)

2012年8月1日水曜日
2014年1月29日水曜日(右端)



貴志駅のたま駅長

にたま駅長貴志駅貴志駅

貴志駅は、タマ駅長で有名な和歌山電鐵貴志川線の終着駅です。貴志川線は今では珍しくなった単線の鉄道です。

たま駅長のおかげで、幼稚園児にも大人気!


いちご電車たま駅長

駅舎は猫の形でとてもおしゃれです。車両もとても可愛いデザインです。

上の猫:ニタマ駅長代行 下の猫:たま駅長

写真上:2012年11月20日火曜日 写真下:2013年1月16日水曜日



西行法師

西行法師西行法師西行法師 歌人 西行法師

紀の川市竹房で育つ



松下電器

松下電器松下電器パナソニックエナジー社和歌山工場(旧:松下電池工業株式会社)

松下幸之助氏の生誕地にとても近い場所です。経済的な困窮が原因で、幼くして生家を後にしなければならなかった松下幸之助氏にとって、特に思い入れの大きな工場だったのではと思われます。

写真左:2014年4月24日木曜日 写真右:2013年10月17日木曜日


松下電器JRの和歌山線が工場の北側を走っています。写真は、工場のそばから西側を写しています。この先にある千旦の駅のそばに松下幸之助の生家がありました。

写真:2014年4月24日木曜日



松下幸之助の生誕地

松下幸之助氏の生誕地(墓所):和歌山県和歌山市禰宜